季節の変わり目は一番難易度が高い


 寒々しい季節も終わり気温上昇とともにやってくる春。 陽射しも明るくなり、お出かけやイベントも増えてくる時期ですよね。 しかし残念なことに、春は年間を通しても肌トラブルを起こしやすい条件が揃っている季節でもあります。


春に肌トラブルが多い理由


①自律神経の乱れ

 春は交感神経 から 副交感神経に切り替わるため、 自律神経の乱れが起きやすい時期です。

急激な気温の変化や、朝晩の寒暖差は、自律神経の乱れにより、精神面と体調面でさまざな症状を引き起こします。

自律神経が乱れた人の図
精神面、体調面で不調になること

これらの不調は、肌にも影響を与えることに。

ストレスや不眠は肌の代謝を低下させる大きな原因になります。 代謝が低下すると、皮膚を守るための肌本来のバリア機能がボロボロになってしまい、 ニキビができやすくなり、肌がいつも以上に敏感になり、かゆみや乾燥が進むなどの 肌トラブル 平常時より出やすくなります。

シミ 赤み そばかす

②春風や気温変化による乾燥

 冬=乾燥というイメージはお持ちの方が多いと思いますが、 春の湿度はそれほど高くないことをご存知でしょうか。

各県の湿度比較図

東京の年間の湿度図 金沢の年間の湿度図 福岡の年間の湿度図 札幌の年間の湿度図

 寒い冬 は乾燥に気をつけた保湿などのスキンケアが重視されますが、 春の肌 も冬と同じくらいとても乾燥しやすい状態 なのです。

気温上昇で気付かない方も多いのですが、肌の温度は高くなります。また、春は夏と比べると分泌される皮脂量も非常に少なくなっています。

肌の乾燥、要注意点3つの図

肌のまわりの空気が乾燥していると、肌内部の水分が空気中に蒸発しやすくなります。 さらに、皮脂量が少ないため肌自体の潤いもなく、 きちんとケアしなければ冬と同じくらい乾燥しやすい肌になってしまうのです。



③花粉・黄砂によるアレルギーのような反応

この時期になると、一番多いのがこの症状...

いつもは平気な
スキンケアがしみる

湿疹のような
赤みが出る

かゆみがある。

 花粉症と聞くと、鼻や目のかゆみ、くしゃみといった症状を想像されるかもしれませんが、 肌に症状が出る方もここ数年非常に多いのです。

自分は花粉症ではないと思っている方は、 実は花粉症の症状で肌が敏感になっている可能性があり得ます。

春に多く飛ぶ花粉と、飛散量が多い ピークの月は下記の通りです。

春に飛ぶ花粉と、飛散量の多い月の図

花粉などのアレルゲンは、
なんと肌からも体内に吸収されます。

 春は自律神経の乱れや乾燥によって肌のバリア機能が低下し、肌がデリケートになっています。

そこへ花粉や黄砂が付着すると大きなダメージとなり、肌トラブルの原因になるというわけです。 春は、 ストレス 花粉 紫外線 乾燥 など多方面からの刺激を受けやすい季節となっております。

さらに新しい環境や気温の変化に体が対応するためには

規則正しい

食生活

睡眠

運動

は基本。

生活習慣を正すことでも、肌トラブル改善の効果は期待できるでしょう。
しかしそれだけでは過酷な環境にさらされる肌をケアしきるのは難しいところ。


クレンジング・洗顔で汚れを落とす


 意外にも、スキンケアの土台となる両者ですが、この時期最優先したいケアのひとつ。 花粉 黄砂 さらに PM2.5 といった目には見えない浮遊刺激物。

ダメージの原因になる肌に付着した刺激物をまずは落とすことが、スキンケアの基本であり、何よりも重要なポイント!

デリケートになっている春の肌に、洗浄力の強いクレンジング剤や洗顔料は刺激になってしまいます。

メイクをしっかり落とすクレンジング剤は洗浄力が高い順に

オイル>リキッド>クリーム>ジェル>ミルク

と言われています。

敏感肌や乾燥肌の方、普通肌でも肌が敏感になっている場合には、ミルクタイプやジェルタイプのクレンジングの使用が良いとされています。

メイクの落ちやすさと肌への刺激を考慮して、
自分に合うクレンジング剤を選びましょう。

~肌に優しい洗顔~

 肌が敏感になっている春に特に気をつけるべきポイントは、肌に合った優しい洗顔料で正しい洗顔をすること! 春といっても浴室はまだ寒いため、ついつい熱めのお湯を使ってしまいますが、洗顔に理想の お湯の温度は32℃です。


この時期の肌に優しい洗顔料を選ぶポイント

①自然由来の成分が配合
され、負担の少ないもの

②洗い上がりに潤いを
与えるタイプ

③きめ細かい泡が
立つもの

肌を洗うときやタオルで拭くときに、ゴシゴシと擦るのはもちろんNGです。春はいつも以上に肌がデリケートなので、優しすぎるくらい丁寧に扱いましょう。 肌はバリア機能や代謝機能で美しくなろうとしますが、肌に付着した汚れやメイクを落とす力は唯一肌自身には備えていません。 そのため、汚れやメイクを落とすことは、とても大切なスキンケアのひとつ。

肌をきれいにすることで、肌の状態をリセットし、のちに使う基礎化粧品の浸透を良くする効果もあります。

シュシュルルリンクのボタン